menu
塗装現場日記

塗装現場日記

弊社渡辺塗料が実際に施工させて頂いた案件の塗装現場を日記形式でお伝え致します、塗装現場の雰囲気や実際に行われている作業など気になる現場の様子をお届け致します。

2017/06/02

屋根の葺き替え工事の話

こんにちは!
今日で1週間が終わりましたね。
暑いため、疲れが溜まってはいないでしょうか。
どうかゆっくり過ごして、疲れをとってくださいね。

さて、今回は屋根の葺き替え工事の話をしたいと思います!

屋根の表面を補修するだけでは心もとない場合、もともとある屋根の下地から表面までを丸ごと新品へと取り替えることを「葺き替え工事」といいます。

補修にかかる費用をできるだけ抑えたいという人は多いと思います。しかし、一時的な出費は多少かかっても、長期的に考えるとマイホームにとって優れた決断となります。

メリット:地震に対する備え
屋根を一新する際に軽量な屋根材を選ぶことで耐震性を上げることができます。
頭に重い物を乗せて階段を上り下りしてみると、バランスを崩しそうになります。
屋根も原理は同じです。
屋根が老朽化している場合は、重い屋根材から軽量かつ丈夫なものに替えると安心です。

メリット:雨漏り対策
台風やゲリラ豪雨などの際は、雨漏りが突然発生する場合もあります。
老朽化して雨漏りし始めると、室内までダメージを受けてしまいます。
そうなると、屋根のリフォームだけでは済まなくなり、余計なコストがかかります。
塗装や補修で対応できなくなってきたら、葺き替えを検討することをおすすめします。

普段見る機会がないですが、屋根は長年放置すると痛んできます。
塗り替えでは修繕しきれない部分は、早めの手当てによって建物を守ることができます。
ぜひ、何かの機会に屋根の状態を気にかけてみてくださいね。

次回の更新もお楽しみに!(*^_^*)